« 悲しい現実。 | トップページ | 映画でインテリアを楽しむ② »

2010年2月25日 (木)

映画でインテリアを楽しむ

昨日のお休みに、久しぶりに映画でも観ようといそいそと映画館へ。

観ようとしていた映画はすでに15分以上が経過し、もう始まっちゃってる感たっぷりだったので、やむなくこれから始まろうかという『恋するベーカリー』に切り替え、そちらの鑑賞に。

場内はなぜかおばさま方がたくさん。事前情報を入れないで観たのですが、その理由が内容を観て納得。(要は主役がおばさま方と同じ世代。)

でもメリル・ストリープ演じるジェーンの家がすっごくステキで、それだけでもうっとりしました。郊外の広い敷地に建つ平屋で広々としたキッチンにガスオーブンも完備!ちょこっとパティオスペースでお茶もできたり、お庭には家庭菜園まで!要所要所のさりげないディスプレイもセンスがよくって、まさに理想の家でした。

あ、映画の感想より建物の感想を言ってしまいました・・・。映画を観ていながら、ついついお家やインテリアも見てしまうのは職業病といったところでしょうか?

ちなみにちょっと前で、いいなぁ~と思ったお家は、キャメロン・ディアスとジュード・ロウが出演した『ホリディ』という映画に出てくるお家。

LA在住の女社長キャメロンと、ロンドンの郊外に住む女性新聞記者役のケイト・ウィンスレッドが、お互いの部屋を交換してひとときを過ごすという話なのですが、そのロンドンの郊外にあるケイトのお部屋(小さな一軒家)がこじんまりとしていて、すっごくかわいいお部屋でした。

写真を探してみたのですが、あいにくなかったので気が向いたらDVDでも観てみてください。

そして、写真を探している時に気がついたのですが、どちらの映画も偶然同じ監督(ナンシー・マイヤーズ)でした。もしかしたら、両方の映画を担当するインテリアデザイナーは同じ人なのかも?!

好きな映画は他にもたくさんありますが、少なくともインテリアの好みはドンピシャだった映画でした。

ちなみに学生の頃は、フランス映画『サム・フィー』の主人公のお部屋に憧れていました。主人公の洋服のセンスやポップな色使いのインテリアにかなりの衝撃を受け、ちょっと真似てチェストを真っ赤にペイントしたり、鏡に白のフェイクファーを貼ってみたりしたもんです。

(´ー`) あぁ、なつかしや・・・

でも、今そんなお部屋に住んでいたら、間違いなく情緒不安定と思われる今日この頃です。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

|

« 悲しい現実。 | トップページ | 映画でインテリアを楽しむ② »

コメント

映画見に行っても、家のこと考えるなんて仕事熱心ですね。君のお客様は幸せだね。たまには息抜きでもしながら頑張りなさい。

投稿: 佛光寺 住職 | 2010年2月25日 (木) 15時24分

☆佛光寺 住職さまへ☆
住職さま、お気遣いありがとうございます!
どの映画も決して仕事目線で観てはいないのですが、ついそういったところに目がいってしまいます・・・。
たぶん家やインテリアがほんとに好きなんだと思います。
なので、ちっとも苦にはならないんですょ。むしろステキなお家を見ると、ココロが癒されます(´⊇`)本当はスクリーンではなく、いろんな国に行って、実際に見たいところですが・・・。
行ってもいいですか?(-_-)ボソッ

投稿: まっちゃん | 2010年2月25日 (木) 15時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 悲しい現実。 | トップページ | 映画でインテリアを楽しむ② »